Tomorrowland 2022のライブセットを観て

Tomorrowland2022のKovenのセットが想像を超えて遥か先のレベルだった。

個人的にはCharlotte de Witteがベストで、ジャンルを気にしなければkovenが2番手。

テクノが兎にも角にも良かった。Adam Beyerもスゲェとしか言いようがない。着実にビッグネームの一員になってきたAmelie Lensが出ているが、今回出ていないNinaを超える感じではなかった。

ハウス勢は微妙なところで、ビッグタレントは出ていない。

 

Gabberなのかhardcoreと言っても良いのか、zatoxのパフォーマンスは面白い。というか画像的に写って良いのか?というものもフツーに映る。NRGとかハピコアとか懐かしい。

B-frontのハピコアはオッサンには刺さる。


kovenに話を戻すとドラムンベースで歌いながらミックスする自体が凄いテクニックなんだが、bassやdub stepとも当たり前のようにmixする。

歌唱力もハンパない。

Take it awayは本当に感動した。

EDMというかMainStage/Bigroom系のマイクパフォーマンスにウンザリしているので別格だった。

 

ハウスやテクノはまだしも、日本では人気が無くなってしまったドラムンベースは意識してbeatportやtraxsourceで探さないと見つけられないんだが、コロナ禍を経てライブセットが配信されることで私のような人間が感動できるチャンスをもらうことができて複雑な心境だ。