耳が聞こえない

6時15分起床。

起床時体重69.6kg

 

昨日の出社時の電車の中で耳の聞こえが悪くなり閉塞感を強く感じていた症状は一向に回復しない。

南与野の耳鼻科に行って検査と診察を受けたのだが、「良くいるんですよ悪くないのに調子が悪い」というような態度で診察される。

聴力検査の結果とは別に強い閉塞感が発生するメカニズムを教えてもらい同じような症状が出たときに対応できるあるいは発症させない対策を講じたいと思っていたが、この無精髭生やしたデブはわかりません、という回答のみ。治療はできないので様子を見てくださいの一点張り。

数時間待たされた挙句適当な所見と逃げ口上を宣い、

挙句ウチじゃこれ以上の診察が出来ませんので他院に行ってください、と言われて諦めた。

技量に自信がなくて自己管理できない医者に言われたくない。

診察券が無くなっていたが、前回の発症時の最後の診察の時の腹立たしい物言いがあって捨てていたのだと考えられる。

(医者のお前には分からないであろう)他人が閉塞感があって耳が聞こえないと伝えているのに定量化された数字を見て、目の前の患者を見もしないで治っていますといい、価値観を押し付ける態度が舐めている。

聴力検査で静かな空間が必要なのに高架下でしょっ中電車の通過音がする環境の時点で察するべきだったな。