かすみがうらエンデューロ

2時55分起床。

蚊に悩まされて2時間ほどしか眠れなかった。

体重は68.8kg.

 

コーヒー入れて朝ごはんはロールドオーツとバナナ、梨を食べて熱めのシャワー浴びて出発。

駅までの時点で右腿前に違和感。

あれ、昨日のダメージか?

 

西日暮里で乗り換えるが例年通り酔っ払い多し。

これがなければ一般車両でも良いのだが。

とはいえ優先的に使えるトイレもあって利便性は代え難いものがある。

 

土浦に着くまでに車両内でジャージに着替えて駅に降りて自転車組んで会場まで小雨の中役50分かけて到着。

今年はのんびり走りすぎてケツは痛いし飽きてしまうし来年はもうちょっとペース上げるか。

 

会場着いたら雨が強くなってきて仲間に合流。

開催者がテント張っていてくれて雨に濡れずにワセリンを脚や上半身に塗ることができた。このおかげで汚れと体温低下から体を守れた。

 

今年は1周だけ試走してスタートを待つ。

ほぼ1時間雨に打たれて冷える。

スタートから1周はパレードランで坂の登り口でリアルスタート。

イキナリ負荷が上がって落ちてコーナーでインターバルの繰り返し。物凄くキツい。

どう見ても同じ脚のレベルじゃない強い人が集団をコンパクトにするために敢えてやっているのがわかる。

プロトンのケツで千切れていく選手を避けながら何とか3周は着いて行ったが脚が持たなそうなので割り切って千切れて原田選手のパックでしばらくツキイチして回復してからローテーションに入る。

途中先頭集団からこぼれてきた選手が混じってきたりしたが藤田選手がローテーション外れてからは脚並みが揃わず、というか坂でみんなゆっくり過ぎて勝手に千切れて坂の前まで待っているのがただのタイムロスになるのでそのままペースで走っていたせいで丁度いい集団には育たずほぼ独り旅。

1時間くらいで攣りそうな予感がしてマグオン注入。その後も坂でみんな千切れ、の繰り返しで脚がキツくなってきたので均等割りの1時間40分で交代。

 

それで終わりかと思ったら最後に45分走らせてもらうことになった。

完全に冷えていたがピットを出た瞬間強そうな選手がパックになっていたのでローテーションに加わらせてもらう。

そのまま残り2周までいき下りで物凄い速い選手に抜かれて後ろについていた選手がブリッジ。秩父宮で見かけたArcc(だったかな)のチームジャージ。秩父宮でも同じクラスで2人ほど本当に速い選手がいて歯が立たなかったチームだ。

私もブリッジを試みるがツキイチで垂れそうになりバックストレートの1/3行かないうちに千切れてしまう。

その後脚は充分回るので40キロ前後で走ってゴール前で残り2分ギリギリ通過。その時にブリッジして垂れた選手に声掛けしてラスト一周一緒に走る。ほとんど私のペースで引いたがローテーションしてくれた。

ゴール200m前で先行スプリントしたが50キロから一気に垂れて後ろにいた選手に差された。

2人に負けた(1人便乗していたようだ)と思ったら便乗してきた1人に差されただけだったけどもう少し距離があったら負けていた。

 

反省点は多々ある。

 

最終リザルトは出ていないけど、4時間時点で20位だし、最終周前に1人とゴールで1人に抜かれ、プロトンは何人残っているかも分からないので、入賞は無いものとして諦めて急いでみんなで温泉に向かった。

 

温泉は会場から30分ほど南下したところにあって最高のお湯だった。

荷物の再パッキングをしてちょっと先の焼肉屋で最高の焼肉を食べる!

今回はビールを飲まなかったけど1人4,200円は安い。

タン塩、カルビ、レバー、ハツ、ロース、塩ナンコツ、ホルモン、ハラミ、ロース、餃子(食べた順)全てが美味いが、レバー、ロース、ハラミ、ナンコツがともかく再び食べたくなる。

 

帰りは運転してもらい電車に乗り継ぎ23時過ぎに帰宅。自転車をラックに掛けてプロテイン飲んでまでは良いが猛烈な眠気にと寒気に襲われて洗濯を諦めて湯船に入って体を温めて就寝。